筆や硯、紙についての疑問質問にお答えします

伽藍筆への疑問質問

筆について
  • 筆のおろし方って?
  • 1.筆のおろし方は?
  • お答え
  • 【太筆】
    太筆は基本的には全ておろして使います。
    筆の毛の弾力をうまく使っていただくと、筆本来の持ち味を出すことが出来ます。
    ただ、筆を使うことにあまり慣れていない方には全部おろしてしまうと線がしっかり書けなかったりするため、短峰(毛先の短い筆)気味の筆や下ろす際に2/3くらいにして使うと良いです。

    1、購入後、水にすぐにつけず、少しずつ回しながら先端から指で押しまわす様にほぐしていきます。
    2、全てほぐれたら水につけて糊を落します。このとき、根元から搾り出すようにします。
    3、糊がとれたら、水気を搾り出し、形を整えて毛を下にして乾かします。

    【細筆】
    細筆は全ておろさず、1/3~半分位をおろして使います。

    1、購入後、指で1/3程度ほぐします。
    2、ほぐれたところを少し水をつけて糊を取ります。
  • 筆の洗い方って?
  • 2.筆の洗い方は?
  • お答え
  • 【太筆】
    使い終わった筆は、必ず水で墨を落します。
    水道の水を筆洗(おわんでもOKです)にため、筆を優しくもみ洗いするように洗います。
    綺麗な水で2~3回すすいだら、指で根元から押し出すように墨を絞ります。墨が出てこなくなるまで繰り返してください。根元に墨が残ったままだと、根元に墨が溜まっていき使えなくなります。
    すすいだら水気を搾り出し、形を整えて毛を下にして乾かします。
    購入時についていたキャップは使わないようにしてください。キャップをすると乾燥しなくなり、湿気によりカビが生えやすくなったり根元から腐って毛が抜けることがあるからです。

    【細筆】
    使い終わった細筆は、墨のついている部分を水につけ、半紙でふき取ります。
    その後、ぬれたティッシュや布巾でそっと墨を取り除きます。
    形を整えたら、太筆と同じように吊るして乾燥させます。

    太筆も細筆も毛が乾燥したら筆巻きなどに入れて保管します。
  • 筆を長持ちさせるコツは?
  • 3.長持ちさせるコツは?
  • お答え
  • 筆を長持ちさせるには、使い終わったらしっかり洗うことです。
    筆が使えなくなる要素は、割れる、墨が残る、毛が抜ける、毛が縺れることです。ほとんどの場合は筆の洗い方に問題がありますので、しっかり洗うことさえ守れば長く使うことが出来ます。
  • 筆が割れました、どうしてですか?
  • 4.筆が割れました、どうしてですか?
  • お答え
  • 筆が割れる原因として以下のことがあげられます。

    1、墨が根元に残っている
    2、毛が抜けてしまった
    3、毛が縺れている
    4、無理な扱い方をして、根元から割れを作ってしまう

    それぞれの原因をなくすことが解決策になりますが、基本的には使い終わったらよく洗ってください。
    *墨が根元に残ってしまった場合は水につけながら押し出すように墨を揉み出してみてください。
    *水道の蛇口から出る強い水圧で洗うと割れるもとになる可能性がありますのでやめてください。
    *毛が抜けてしまった場合は、洗った後の乾燥が仕切れていなかった、もしくはキャップをつけたまま蒸らしてしまったために根元が腐ってきたためです。
    *毛が縺れている場合は水につけたまま、金櫛を通してほぐしていきます。

    いずれにしても、毛が割れてしまった場合は筆を交換することをオススメします。
  • 筆の選び方とは?
  • 5.筆はどのような方法で選べばいいですか?
  • お答え
  • 人により、好みがあるとは思いますが、一般的には硬い筆から柔らかい筆にシフトしていくようです。
    また、毛の短い筆のほうが思ったように毛が動くので使いやすいのではないでしょうか。
    伽藍では高校生以上の初めての方には使いやすい「観音」、中学生の場合には「花柳」、小学生の場合には「学友」をオススメします。
    また、楷書から行書、草書へといく場合は、「天楽」、「二貂八羊」を、かな条幅には「長栄」「錦秋」、少し硬めをお好みなら「朱雀」、「大あけぼの」をオススメします。
  • 筆について注意すること
  • 6.その他筆について、注意することはありますか?
  • お答え
  • 筆を使う際には硯の墨堂の部分(墨を磨るところ)ではあまり強く擦ることはなるべく避けてください。
    硯は墨をするための道具、いわばヤスリのようなものであり、毛をいためる原因になります。
    筆は購入直後から少しずつ書き手に合った変化をしていきます。
    筆の毛に墨が入り込むことにより、腰が強くなってきたり墨の含みがさらに良くなったりしていきます。
    上述したように、筆は少しずつ書き手にあった変化をしていきます。「なれ」という言い方もあると思いますが、筆本来の性能を活かすことができるのは、変化した、成長した筆です。
    筆を成長させるのも、楽しみの一つではないでしょうか? 。
墨について
  • 固形の墨と墨液と、どちらを使ったらいいの?
  • 7.固形の墨と墨液と、どちらを使ったらいいの?
  • お答え
  • 固形墨の主な原料は膠(にかわ)と煤(すす)です。
    一方墨液は煤またはカーボン、膠または合成化学糊を使用して作っています。
    墨液は、細菌が繁殖しやすく腐りやすい。それを防ぐために、防腐剤や、その他墨液を安定させるためにいろいろな薬品が使われています。
    書道をする上で、「硯を使って墨を磨る」という行為自体が、心を安定させるため、「書」が書き易いといった声も上がっています。
    時間はかかりますが、できるだけ固形墨を磨っていただいたほうが、精神的にも良く、筆にも優しく、表具性もよいので、オススメします。
  • 「古墨」とは?
  • 8.「古墨」って何?
  • お答え
  • 新しい固形墨は、膠の成分が強く出るため、紙に書いた場合に基線(にじみと書いた部分の境)ができにくいです。年月がたつと、膠部分の分解が進み、膠の粘りがなくなるため、基線がしっかり出て、墨の色に立体感が出ます。
    このように、製造から時間のたった墨は大変作品効果が良いので貴重なものといえます。
    墨にもよりますが、製造から日本の場合50年程度、中国製の場合100年程度の年月を経ると綺麗な墨色が出てきます。
  • 墨の値段の違いは?
  • 9.墨の値段のちがいは?
  • お答え
  • 墨の値段の違いは使われている煤の種類と粒子の大きさ、膠の材料によります。
    一般的に、学童用に使われている墨(500円くらいまでのもの)は大量に手に入る煤からできています。
    ほかに、植物性油煙の煤があり、安いものでは1000円位から、数万円のものまで様々です。
    高価な墨ほど粒子が細かいため紙への乗りが良く、墨色が美しく出ます。また、淡墨にした際に基線がきれいに出たり滲みが均等に美しく出たりと、作品効果は非常に高くなります。
    漢字・仮名・写経・水墨画といったいろいろな用途に合わせて墨を選んでいただくと、より面白いものが出来上がるのではないでしょうか?
  • 墨の選び方とは?
  • 10.どの墨を選べばいいでしょう?
  • お答え
  • 【漢字】
    一般的には「滲み」と「墨色」をうまく出すための漢字用の墨は、滲みをきれいに出すためにある程度、粒子が細かい墨を使っていただくと、きれいに「滲み」「カスレ」などが表現できます。
    淡墨にて使用される場合は、真っ黒の墨だけではなく、松煙墨に代表されるような青墨や、菜種油煙墨、胡麻油煙、椿油煙と、いろいろな墨を試していただけると面白いと思います。

    【仮名】
    線の細い仮名に使用する墨は、できるだけ「きれい」で、「つやのある」黒を醸し出す墨を使用されると作品が輝いて見えます。
    たとえば菜種油の上級品や、胡麻油煙墨、椿油煙墨を使われると、「つやのある」作品に仕上がりやすいと思います。

    【水墨画】
    おもに淡墨を使用される水墨画などは、松煙墨、油煙墨などを使っていただくと、作品の幅が出てくると思います。

    【写経】
    写経には写経用の墨があります。
    写経用に特化した墨で、伸びが良く、つやのある色が出やすい墨になっています。
  • 墨をうまく磨るコツは?
  • 11.墨をうまく磨るコツは?
  • お答え
  • 墨が硯に直にあたらない程度の少量の水を墨堂(墨を磨るところ)に注ぎ、優しく・柔らかく・心静かに‘の’の字を書く様にゆっくり磨ります。
    力を込めてゴリゴリ磨らず、昔から「病み上がりの人に磨らせろ」と言われていたように力を込めずに腕の重さでゆっくり磨ると、墨の良さを100%出すことができます。
    硯も、鋒鋩の細かいものを使われると、さらに墨の良さを出すことができます。
紙について
  • 紙の大きさは?
  • 12.紙の大きさは?
  • お答え
  • 紙の大きさは多種多様ありますが、一般的な寸法は「全紙」と呼ばれます。その全紙を基にしていろいろな寸法があります。
  寸法(*尺) 寸法(cm)
全紙 2.3×4.5 70×136
半切 1.15×4.5 35×136
八つ切り・書初め用紙 0.575×2.25 17.5×68
尺八屏・2×8 1.75×7.5 52.5×227
半紙 8寸×1.1 24.2×33.3
全懐紙 1.2×1.6 48×36
半懐紙 0.8×1.2 24×36
色紙 7寸×6寸 21×18
寸松庵色紙   10.5×9
※1尺は30.3cm
  • 紙の種類は?
  • 13.紙は何種類くらい?
  • お答え
  • 紙の種類としては、原料としての分類と製法による分類があります。
    原料の分類としては、麻・楮・雁皮・三椏などがあり、たくさんの種類がありますので、いろいろな紙を試して、ご自分で一番向いた紙を選んでいただいた方がいいと思います。
    弊社の方でも、「このような紙」「こんな紙」が欲しいとご相談をいただければ、ぴったりの紙をお探しいたします。
  • 滲まない紙は?
  • 14.滲まない紙は?
  • お答え
  • よくご相談をいただく中に、「滲まない紙」が欲しいという方がおられます。
    できるだけ滲まないようにするには、「墨を濃く磨る」「固めの紙を使う」「滲み止め加工している紙を使う」と、滲みを抑えることができます。
  • 紙の選び方とは?
  • 15.どの紙を選べばいいですか?
  • お答え
  • 始めたばかりの方は機械漉きの紙や、あまり滲まない紙を選んでいただくと良いでしょう。
    きれいな滲みを出したい方は薄手で滲みやすい紙や、柔らかめの紙を使われると、きれいな滲みを楽しむことができると思います。
    仮名や小さい漢字や写経を書かれる場合は滲み止め加工をしている紙を、水墨画をされる方は何度も重ねて書くことがあるので夾宣や二層紙を使われると破れにくくなります。
墨について
  • すずりの産地とは?
  • 16.硯(すずり)の産地は?
  • お答え
  • 硯の石はどのようなものでも良いわけではなく、硬さ(強さ)や鋒鋩の細かさなどの条件があり、日本では山梨県、岩手県、宮城県、長野県、愛知県などで採掘することができます。
    中国では端渓硯で有名な広東省や歙州硯で有名な江西省などがあります。
  • すずりの選び方とは?
  • 17.どの硯(すずり)を選べばよいですか?
  • お答え
  • 一般的には鋒鋩が細かく硬い硯が良いとされます。
    良い硯ほど、貴重な硯ほど値段が高くなりますが、以下のようなものを選ばれると良いでしょう。
    1.硯面に触れるとピタッと吸いつく感じがするもの
    2.息を吹きかけてその跡がなかなか消えないもの
    3.色目がきれいなもの
    4.爪を軽くこすりつけると適度に削り取れるもの です。
  • すずりの大きさは?
  • 18.硯(すずり)の大きさは?
  • お答え
  • 日本の硯の大きさは下記のようになります。
品名 サイズ
二五度 75×45
三五度 105×45
四二寸 120×60
四平 120×75
四五平 135×75
五平 150×75
五三寸 150×90
小四六 165×105
四六寸 180×120
  • 一般的に普及しているものは四五平。
    少し大きめの硯でゆったり磨りたいなら五三寸もあれば充分でしょう。
  
  
  • 墨が固まったら?
  • 19.硯(すずり)に墨が固まってしまった場合はどうすればいい?
  • お答え
  • 硯に墨がこびりついてしまった場合は無理に取ったりすると硯が欠けてしまうことがあるので、無理に取らないようにしてください。
    まず、ぬるま湯に1時間ほど浸けます。
    墨が湯に溶け出したら、メラニンスポンジで墨を磨る時の要領でゆっくりこすると少しずつ取れていきます。
    ゆっくり気長にこすってください。
  • 墨が磨れなくなったら?
  • 20.墨が磨れなくなりましたが買い換えないといけませんか?
  • お答え
  • 硯が磨れなくなる原因は鋒鋩が摩耗して丸くなってきていると思われます。
    鋒鋩に墨が入り込んでしまったり、表面に固まってしまったりしている場合があります。

    【鋒鋩に墨が入り込んでしまった場合】
    磨れなくなった要因の大部分がこの場合です。
    墨が固まってしまった場合と同じ要領で取ります。
    気長にゆっくり取ってください。

    【鋒鋩が磨耗してしまった場合】
    硯用の砥石で水をそそぎながら静かに磨ってください
    それでも直らなかった場合は、弊社のような専門店にご相談ください。800番程度の耐水ペーパーを使っていただくと直る場合がありますが、ご相談していただいたほうがいいと思います。
伽藍地図MAP

有限会社伽藍garan
〒460-0011
名古屋市中区大須3-8-10
店舗運営責任者:安藤佳子
(インターネット部門)
店舗セキュリティ責任者:安藤佳子
連絡先:garan@webgaran.com

お問い合わせ